2018.3.5-7 The Practice 関西Ⅰ(1)

 

 

ヨガとは「すべきではないこと。」を学ぶこと。初心に気付かせてくれた関西プラクティス。

 

どんなことが起こるのか予想も出来ないまま、わくわくドキドキ初日迎えました。

 

初めに、「このプラクティスが怖いと思うなら、このプラクティスを受けないほうがいい。」とマスターは話されました。怖い、辛いと感じることは、自分のアートマを傷つけカルマを生む。その怖いと思うドキドキは他者にも伝わるのだと。

 

このプラクティスだけでなく、どんなことも同じように怖い、辛いと感じるとき、自分を苦しめてしまい他者にも影響する。そして怖いドキドキを持つとき100%楽しめない。と。

 

そっかぁ、どんなことも楽しみたいと思っているのに何故か心から楽しくないのは、どこかで怖い、辛いと思っているからなのか。と気付きました。

ならば「怖い辛い」を手放そう。それは、「ここに今、怖い辛いはない」ってことに気付くこと。まだ起きてもないことに想像を膨らますのを辞めて、自分が変われることを信じる。

だって神様は自分に必要な事を与えてくれているのだから。

 

それなのについ、「出来ない、わからない、知らない、自信がない」と口にしてしまう。どうしてそう思うのかを言葉にする前に考え、自分は何を間違え、何を知らないのかプラクティスを通し体験していく。

そして、体を通して思考と体が繋がった時、きっとそんな言葉はなくなるのだと思います。

 

次は、次こそは、次はできる。と信じてやることで昨日の自分より今日の自分が好きになれる。

すべきでないこと、それは自分を傷つけないこと。自分の内側で思うことは外側に繋がる。

自分を傷つけないことで他者を傷つけないようになるのだと思います。

 

このプラクティスで誓ったこと。自分を傷つけない。出来ると信じて全力で楽しむ!

まだまだ続くプラクティス。自分が選んだ自分を100%信じ楽しみたいと思います。FB_IMG_1526730597711

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中