2018.6.3 ハタヨガ基礎講座@徳島(2)

神戸から橋を渡り、淡路島を通ってまた橋を渡り四国へ。
橋がなければ、こんなに簡単に徳島まで来ることはできない。
徳島までヨガを学びに行かせてくれるために繋いでくれている橋といっても過言ではない。
橋は橋としての役目を果たしてくれている。そして橋をつくってくれた人にありがとう。
もう、そこからヨガが始まっていた!!

徳島の会場に到着すると、受付・誘導等、私たちが戸惑いなくWSの参加を開始できるよう沢山の人が動いてくれていた。

WS開始。
マスターのお話は昨日の神戸WSでお話されたことを、徳島ならでわのものに置き換えてお話された。
しかし、昨日の私と今日の私とでは、聞こえ方・理解の仕方が全然違うことに気づいた。2日目にして新しい気づきがあった。

私が昨日の自分のままでいると、今日の話はどう聞こえていただろうか。
「こうゆうことだろう」と初めから決めつけて聞いていると、新しい気づきはあったのだろうか。

私たちは、過去の出来事をにぎりしめたまま、今を生きていることが多い。
例えば、「他者に◯◯をいうと~と言われるだろう」「私は◯◯だから~できない」と、いつも過去の自分のまま今を生きようとしているのではないでしょうか。

お話から始まったWSは、次はフローへ。
新しい自分で、初めてのフローを、出来ないことがあっても楽しめた!そういう人は何人いたのでしょうか。出来ないことが、しんどい!きつい!辛い!そんな感情を表情に出して、一体誰にその感情を見せたいのか。日常生活でも、そんな感情をつい表情に出してしまいがち。
しかしそれを、私たちは誰に同情を求めているのだろうか。

フロー後のマスターからのお話から、また気づかされます。
過去の自分のままに、私たちは今を生きようとしていることに。

それに気付かせてもらった私は、肉体だけではなく、心もスッキリと軽やかになっていました!!
どんなときも笑顔を絶やさない!
そんな自分でいようと今日から一歩前に進むことに決めました。

一瞬一瞬新しい私たちは、新しい今を存分に味わうことができるんだと
マスターのお話、フローを通じて体感した1日となりました。有り難うございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中