2018.6.17 ハタヨガ基礎講座@愛媛(1)

愛媛WSを終えて

私はなぜうまくいかないのか?
私はなぜ幸せじゃないのか?
誰もがふと浮かんだことのあるそんな思い。
どうしてそう思うのか?
バランスを欠いている自分自身の何が欠けていて何が過剰なのか?
自分自身の事を考え、バランスを欠いているところに働きかけるのがセラピーである。

前半のセラピーフローに入る前に、マスターはそのように仰られました。
セラピーとは、“癒し”や“治し”という意味合いですが、何となく言葉のニュアンスだけで、ゆったりとしたリラックスした痛みから解放されるような、そんなイメージをただ持っているだけでした。

自分自身の何がバランスを欠いているのか?
それを考え、そこに働きかけなければセラピーではない。
と、セラピーという本当の意味合いを知らなければセラピーになならないということを初めて知りました。

そんなお話をして頂いた後のセラピーフロー。
ただ一生懸命、マスターの指示に無心になっていました。

フローが終わった後、マスターは「もう少しフローを続けるつもりだったけど止めた」と仰られ、笑顔のない私たちにエネルギーの滞りを感じられ、表情の硬さを指摘されました。
“楽しむ”という事。
“笑顔でいる”という事。
いつもマスターが私たちに伝え続けて下さっているのに・・・
一生懸命になりすぎて忘れていた。改めて、自分たちの表情についても気づかされました。

後半のヨガクリニック110では、皆さん表情も和らぎ、普段感じている身体の痛みや不具合、家族間や社会での人間関係などヨガとしての対応の仕方を教えていただきました。

また来年マスターが来て頂ける時には、皆が自分自身をアップデートさせ、笑顔の愛媛!でお迎えいたします!
ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中