Vision of India2018ディヴァリ編(3)

二度目のインドリトリートに参加させて頂きました。
神々が集うインドでは初日から
Rafu Ketsu Poojaシュリカラハスティシュワラ寺院での寺院史上初の日本人が参加させて頂いたプジャ。
信者ではない私達にとってとても貴重な体験をさせて頂きました。
儀式は神聖で寺院の中のエネルギーは何と言葉にして良いのか分からないくらい心地良く、そして強いモノでした。
神様から真っ直ぐ前のど真ん中の列に座らせて頂いた日本人の私達。儀式が終わり部屋の外に出ると沢山の信者の方々が暑い中順番を待っておられました。寺院の出口で五体投地をされ神へのお祈りを捧げている人々を見た時、その純粋な信仰と行為に涙が込み上げてきました。

私達を受け入れて下さった寺院の方々に心から感謝します。
そして何度も諦めずに交渉して下さったウィルソン、断り続けられる中最後はマスター自ら寺院の一番偉い方に直接お会いして「神を思い信ずる気持ちは、例え宗教や人種が違っても皆同じではないか」と、ヨガの教えをここでもブレる事なく真っ直ぐ実践された師。宗教心や信仰心、ヨガを信じる事と何が違い、どう同じなのか。
エネルギーを感じこの場に居続けたいと感じたそれを掴み離さない事が信じ続けるという事なら、違いは分からずとも理屈ではなく感じたそれを私は掴み持ち続けたい。
体験無くして有り得ないこの思い、マスタースダカー自らが尽力されて実現したプジャに感謝します。
そしてこのインドリトリートに多大なるご協力を下さったウィルソン、エレンジ、ご家族の皆様に心より感謝します。
ありがとうございました。ミッカ ナンドリィ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中