2018.12.16 ハタヨガ基礎講座年末スペシャル“Journey to the Happiness”@東京(1)

200名近い参加者で会場にはマットが隙間なく敷き詰められていた2018年最後の東京WS。午前中が座学「完全と不完全」、午後が「99フロー」、最後が「サラナガディ瞑想」という1日集中講座で副題は「幸せへの道のり」だった。

参加者数が一番多かったという午前中の座学にはヴィジョンオブヨガ生はもちろんのこと初めてWSに足を運んだ方から一般の生徒さんまで、年齢層も10代から70代までと幅広かった。マスターがそんな大勢の参加者を前に語り出したことは、私たちがどうしたら幸せになれるかではなく、どうして幸せになれないのかだった。

しがらみや好き嫌いで複雑に絡み合った物事の裏面ばかりを見続けて自分の不幸を嘆くのではなく、ちょっとした見方を変えれば同じ状況であっても整然とした美しい場面が見られるのではないか─それはまるで刺繍の表と裏のように─と説明してくれるマスターの例は、ヴィジョンオブヨガ生であっても一般の生徒さんであってもとても理解しやすい。

そしていつでもマスターの語る内容は一貫している。それは何年も前の座学の内容と繋がり、毎日の生活の場面場面で活かせる知恵であり、どんな状況にあっても例外などなく、疑いが差し込む余地はない。その通りだと思えば思うほど、ここからすべきことは実践にほかならない。

どんな知識を得たとしても、それを実行しないのであれば意味はないのだ。マスターからこれまで聞いたヒントをどれだけ自分は実際の生活に、周囲の人間関係に生かしてきたのか。心からなんの疑いもなく一歩を前に踏み出しているのか。そう自問しながらすっかり暗くなった寒さの厳しい冬の夕方に帰路に着いた。
Action speaks louder than words.
(行動は言葉よりも響く)
ここから、しっかりとした足取りで進んでいきたいと思う。迷うことは何もないのだから。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中