2018.12.16 ハタヨガ基礎講座年末スペシャル“Journey to the Happiness”@東京(2)

《Joerny to the happiness-幸せへの道のり》

私たちは、幸せになるために今世の生を受けた。
気づけば幸せになりたいと思い悩み、どこに行けば手に入るのかと必死に探し続けている。

・ダイヤモンドのバッグを抱えて師走の東京を師が走る話
・お母さんと3歳のボク-美しい刺繍の裏と表
・親しい友人のように神さまと向き合う
・幸せな農家に99枚の金貨を与えたら

どの小話もわかりやすく、納得するものばかり。
そうだ、もうとっくにワタシは幸せで、生まれた時から神さまがワクワクしながら、ワタシを通して今世をenjoyしていると気づく。

幸せの概念を変える。

私たちは幸せになるために生まれてきた。教わって知っているから、信じる→感じる→体験するへと、
ヨガを通じて、内側の神さまと一緒に、幸せの旅に出る。
ああ、ワタシは十分に満ちたりていたんだと安堵できるのは、なんと幸せなことか。

あれも欲しいこれも欲しいと、心の温もりでさえ外側に探すのは、生き物の成長・自然の営みに反している。

ただ目の前のことに真摯に向き合う。
成長につながることを選ぶ。
結果としてなし得たことが、誰かを支え、誰かに与え、社会に循環していく。

林檎の樹が生きていくのに必要な水や光や肥料は、神さまが与えてくれる。
体験すれば、きっとわかる。
水や光の心配をして、成長すること怖がったり、ここまでにしとこうと止めなくても大丈夫だと。

初めて聞いた時には、全く何を言っておられるかわからなかった。時間をかけて少しずつ染みてきた。わからないもたのしむ、とはこういうことなのかと思い始める。

ヤーメルッカ バイアミーン
内側に神さまがいて、何を恐れることがあるのか。
Joerny to the happiness
神さまと向き合う、内側の旅を始めよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中