2019.3.13-15 シニアヨガTTC パート6 アサナクリニック編(2)

今まではマスターに叱られることが多かったけれど、今回は「よくここまで来た!頑張ったと自分を褒めてあげてください。」と拍手してくださった。それがとても印象的だった。

いつも私はまだまだだ。肉体的にももっと練習しなくては。マインド的にも“だけど~”を捨てなくちゃ。と、ダメな自分を𠮟咤激励していた。私はまだまだだから○○してはいけない。できるはずがない。と自分を檻の中に閉じ込めて、ある意味安心していた。マスターがよく仰る「出来なくてもhappy、出来てもhappy、とにかくhappyでいることが大事。」その言葉を隠れ蓑に、出来ない自分を正当化して、眠ったふりをしていた。
しかしこの2月に京都のリヴィジョンオブヨガを受け、その中期でもあることで、少しずつ自分の殻を破って、一歩進みたいと動き出している最中のこの三日間。冒頭のマスターのお言葉は私の背中を押してくれているようで涙がとまらなかった。

何度もマスターが私達に伝えてくださること。私達の中に神様がいてくれること。私達には全能の力があること。それなのにどうして不要な言葉を吐き続けるのか。ネガティブな感情を持ち続け、時間を、人生を、命を無駄にしているのか。色々な例えをあげては、こんなに神様に叡智を与えてもらっているのだよ。宇宙とつながっているのだよ。だから、ネガティブは要らないんだよ。と教えてくださる。

そして今回、前回に引き続いて水についての講義をたくさんしていただいた。
この水の効能はビックリすることばかり。水が大事だと知ってはいたが、こんなに意味があるなんて!
知っている、ではなく体験する。水の飲み方から、その他日常での水にまつわる生活習慣を変える様々な課題を自分のものになるまでとにかくやってみたい。マスター曰く、思考を手放すことでマインドが透明になっていく練習だそうだ。
ヨガとは、何と奥深くて素晴らしいものなんだろう。

毎回思うけれど、よくぞこんなに素晴らしい物に出会った!マットの上で動くことが小さな事に思えてしまう位、生活の中で、生きていく中で必要なことが、すでに5000年も前にすべて解き明
かされていたなんて!そしてそれを今世マスターに出会って学んでいるなんて!大いなる力以外の何物でもない!私達は幸せだ!本当にそう思う。
最近気づいたのだが、こうやってマスターの下で学ぶ私達は与える手を持っている。そして、それを差し出せる力があるから、こうして学び続けている。大いなる力が、私達の神様が、お互いに引き寄せあって出会った、これがダルマの道。私自身の為に。伝えていく為に。
今回もシニアの為の腰痛、股関節・肩の痛みを軽くする方法を教えていただいた。愛をもって伝えていきたい。
そしてその前に、自分の身体で21日間体験してみて、まずは、自分を幸せにしていこう。1番大事なのは自分!内側の幸せがにじみでて、周りの人も笑顔になってしまうような私を目指します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中